エンチダージへの写真提出サービスとは何か

 

これは様々な理由ですぐにはカーザに直接行くことができない方の写真を

「ブラジルのカーザに持参し、セッション時などにエンチダージに診せる」という機会の提供です。

ご病気の方のみではなく、霊性の向上を願う方、またヒーリング能力の格段の向上を願う方もお申し込みいただけます。

特にご病気の方について申し上げたいことは、カーザに直接行かれる前にまずこちらの写真サービスを利用なさって取り急ぎエンチダージとのつながりを持ち、病状としてカーザに行ける状態になるよう、また環境・条件的にも可能となるようエンチダージに手配して貰うことを強くお勧めいたします。そしてこれをきっかけに到底行くことは無理だと思っていたブラジル カーザへ万難を排して導かれる方も多いことと存じます。   

 

エンチダージへの写真提出サービスには大きく分けて2種類あります。

《重要》2019年2月より休止しておりました「ハーブあり」のお申し込みを受け付け再開いたしました。

 

1、セッション時に写真を提出し、ハーブを処方してもらう方法4,000円

 ※新規のお客様も過去に一度でもお申込みされた方も同額です。

お届けするもの:ハーブ(約80カプセル=約40日分)、祝福された水(約30mⅼ)

 

滅多にないことですが、ハーブが処方されなかった場合、または現在ハーブを飲んでいるけれどももう止めて良いとエンチダージが言った場合には頂いたハーブ代金を返金いたしません

 

小さなお子様用にハーブの代わりにハチミツを処方していただける場合があります。ハーブと同様にお取りいただけますので、お申し込みの際にご希望頂けますようお願いいたします。ただし実際にハチミツが処方されるかどうかはエンチダージの判断となりますのでご了承くださいますようお願いします。また、お子様用に小さな瓶が一本だけしか処方されない場合もあります。その場合、内容量は約16錠で、一日一回、朝食後に一錠のみの服用で、約16日分となります。この場合も一部返金等いたしませんので、どうかご了承くださいませ。

稀に、大人の方で一度に2瓶(約80日分)ハーブが処方される場合があります。こういった場合、一瓶だけ購入するということはできません。その際は 追加で2000円 ご入金くださいますようご協力お願いいたします。

 

2、セッション時に写真を提出するのみで、ハーブを処方してもらわない方法3,500円

お届けするもの:祝福された水(約30mⅼ)のみ

 

※事情があってハーブが飲めない方のためのものです。または、ペットを含む動物の場合もこれに当てはまります。

お客様の写真をエンチダージへ直接持っていって診てもらい、願い事の提出も含めて「この人を守ってください」とヒーリングをお願いします。

 

1と2ともに申し込まれたお客様は、「実際にエンチダージに面会し、繋がりを得た」ことになります。

お客様は遠隔でエンチダージのヒーリングを受けることになるのです。

もしお客様が将来CASAへ実際に行かれ、直接ジョアンさんのセッションを受けるときはそれが初めてのカーサへの訪問であったとしても「ファーストタイムライン」ではなく「セカンドタイムライン」に並ぶことになります。

提出された写真とお願いごとは、まず我々が英訳し写真と共にCASAのスタッフに送ります。

写真を受けとったCASAのスタッフはお客様の代わりにセッションラインに並ぶのです。

 

加えて、稀にエンチダージからのメッセージがあった場合にはお預かりして確実にお伝えします。

また、事前・事後の打ち合わせ・ご相談にも丁寧に対応いたす所存です。 

いずれの場合も、ジョアンさん(ジョンオブゴッド)は提出された皆さんの写真を最終的に自宅の祈りの部屋に持ち帰り、2か月間毎日祈りを捧げます。(いずれの場合も写真は返却されません)

※CASA敷地内の祈りの三角形に写真を提出する無料サービスは廃止となりました。(2018年11月26日)

写真提出によるエンチダージの遠隔ヒーリングを受ける心構えについて

 

エンチダージによるヒーリングは「ご病気の状態にあること」、「これまで培ってきた信念や思い込みによる人生の生きづらい感覚・不快感」、また「これまで取り組んできた霊性向上のいとなみに係る行き詰まり」などを契機とするスピリチュアルプロセスのサポートです。 

 

我々は肉体を借りた霊的存在であり、人間社会において人と人が助け合って生きていくように、肉体を離れても我々を助けたいと思っている愛にあふれた存在がいるということです。そして霊性の向上のプロセスにおいては当人の自助努力も要求されます。ですのでこれは決して「単なる神頼み」ではなく、そのような心づもりでのお申し込みもご遠慮いただけますようお願いいたします。 

 

エンチダージはクライアントの方々の強い意図に反応いたします。ご病気方であれば、写真を提出すれば、まずなんらかの気づきがあるかと存じます。それはこれまで培ってきた信念、ネガティブ思い癖・思考回路、そのことと深く関わっている生活習慣、仕事の仕方、人間関係の流儀などについてだと思います。そしてそれらは「病気という現状」を維持しているものであり、改めてこれまで人生の大きな枠組みの中で捉えるべき事柄かと存じます。 

 

そしてそれを理解したならば、そのことに取り組むと同時に御自身が変わっていくことを決心して頂きたく存じます。変わっていく自分を受け入れていくことはこれまで自分が正しいと思ってやってきたことを変えることでもありますので、苦しい作業かもしれませんが、それがエンチダージ(エンティティー) の望む50%の自助努力だと存じます。そのことで治療効果は何倍にも上がります。 ですから、一つにはカーザのヒーリングエネルギー、もう一つは御自身の強い意図・信じる心、この二つが出会って始めて回復のプロセス、治癒のプロセスに入っていくことができるということかと存じます。

 ぜひ代理で申し込まれる方もご本人にこれらのことをご確認頂きたく存じます。 

そしてこれは霊性の向上を願う方、またヒーリング能力の格段の向上を願う方にも同様に当てはまることかと存じます。 

 

エンチダージの一人であるアウグスト・ジ・アルメイダ医師も申しているとおり、ヒーリングには、忍耐と根気強さ、粘り強さと信じる心が必要です。もちろんヒーリングのプロセスは一人一人個別ですが、これらのヒーリングを続けていくなかでヒーリングがその方にとって、もう必要ないとエンチダージが判断すれば、ハーブは処方されなくなります。ですのでぜひ自助努力と併せて盲信ではなく「エンチダージに委ねる心」も必要であることをご理解いただけますようお願いいたします。 

 

※写真提出はエンチダージによる遠隔ヒーリングが行われることを意味しますが、「霊的手術 Spiritual Operation」を意味するものではありません。

事前の重要な確認事項

 

 

◆ハーブを飲むにあたって、以下の通り、禁忌事項があります(ハーブを飲み終えるまで約40日間です)。必ずご確認ください。また当人に代わって手続きをされる方はご当人の承諾を事前に必ず得るようにしてください。後から本人に説明したり、説得したりということは厳に慎んでください。 

 

ハーブを服用している期間、アルコール類全般・胡椒・唐辛子類(黒胡椒・白胡椒・唐辛子、わさび、カイエンペッパー〔Cayenne pepper〕・チリ類等々)をとることができません!!

 

※特に日本人の食生活で避けるものに当てはまるものを考えてみると「鼻につんとくるようなワサビ、体が熱くなるほどのショウガ、生のニンニク、辛子明太子、和辛子」などが思いつきます。 

 

《食の禁忌に関する見解 》

ただし、あまり厳格にとらえなくても大丈夫です。辛いと感じないハムやソーセージに入っている微量の胡椒、フライの下味の胡椒、ソースやケチャップに入っている胡椒、甘酒や醤油に入っている微量のアルコール等ほとんど判らないものについては大丈夫です。甘口のカレーライスも大丈夫です。 

 

基本の考え方は、エンチダージからのヒーリングエネルギーは繊細・精妙なものなので、それを途切れること無く受け取るために、食生活を含む生活全般において刺激物を少なくし、穏やかに過ごすということです。もちろん、ハーブ自体にもエンチダージによってその当人のためだけのエネルギーが込められています。 

 そして嗜好品である香辛料は「このぐらいならば良いだろう」というような妥協を繰り返すと程度が判らなくなるのでこの基本の考え方を忘れないようにしてください。 

 

※また当然、食品類の制限にはご家族のご協力も必要ですのでよろしくお願いします。 

 

◆ご病気の方の代理で申し込まれる方は、ハーブを飲むか飲まないかに関わらず、ご当人へこのサービスの主旨と内容を必ず説明し、ご納得頂いてから(ご病状から無理の場合は結構です)お申し込み頂けますようお願いいたします。また、代理であることははっきりと判るようにご連絡頂けますようお願いいたします。

ハーブの飲み方

 

1日2回、1回1錠-朝食と昼食の後

朝食後に飲んでから昼食後に飲むまで、4時間以上空けて下さい。

(小さな小瓶を処方されたお子様は、朝食後、1錠(一日一回のみ)となります。)

※ハーブには有効期限がございます。開封してもしなくても約1年です。

小さなお子様で蜂蜜を処方された場合は、毎朝、朝食後にティースプーン一杯を召し上がってください。

祝福された水について

 

祝福された水の一部を飲料水に加えて水への祈りをすることによって「祝福された水」の波動を通常の飲料水に移すことが可能です。

 

水への祈りは特に決まりはありませんが、私は以下のように口に出して祈りを捧げています。

たとえば二リットルのペットボトルの水にほんの少し、祝福された水を加えて、そのペットボトルを胸の前に抱えて、

 

 

「ドン・イナーシオ・デ・ロヨラ様、エンチダージ様、どうかあなたの『祝福された水』を拡張し、この水を『祝福された水』としてください。ありがとうございました。」

 

というような感じです。もちろんご自分のやり方で祈りを届ければ良いのですから祈りの文言に正解はありません。なにより言葉が紋切り型のお題目にならないようにその内にあるご自分の「意図」に常に焦点を当てて祈りましょう。 一度転写してしまえば、持って帰った元の水でなくとも、次から次へと祈りによって転写していけます。

※お送りしたミニボトルの水は一ヶ月を目処に使い切ってください。

お申し込み方法・手順

 

1、セッション時に写真を提出し、ハーブを処方してもらう方法

2、セッション時に写真を提出するのみで、ハーブを処方してもらわない方法 

 

●新規の方 

1.次の必要情報の内容をお申込みフォームに入力し、併せてお写真(全身の写っているもの)を添付し、送信ボタンを押してください。返信は2日以内にいたします。(2日以内に返事がお届けできていない場合には、迷惑メールのボックスに入っていないかどうかも御確認頂いた後、お電話にてご連絡いただけますようお願いいたします。)

 

※海外からのお申し込みも可能です。ハーブのお渡しは国際eパケットを利用します。追加送料は不要です。配達日数は地域によりますが例えば北米ですと+約1週間くらいです。 海外の方の場合お申込みフォームがうまく機能しない場合がございますので、その場合はメールでお申込みください。

●以前に一度でも申し込まれたことがある方で、再度または継続して申し込まれる方 

住所等の変更がない場合はお名前のみで結構です。写真は前回提出したものとは別のもので、最近(3か月以内)撮影したものをご用意ください 。また新たなお願い事がある場合にはそれだけを日本語で付け加えてください。願い事は3つまでですので、以前の願い事のいずれかを削除する形になります。なお、病状・病名に関しては専用のフォームでまとめ、それが治癒されることを1番目の願い事としておりますので、病状・病名を複数追加しても残り二つの願い事が削除されることはございません。 

メールでのお申込みもこれまで通り可能ですが、携帯およびスマホのメールアドレス、またhotmailでお申し込みの方でこちらのPCからの返信メールが届かない方が多いように思います。お申し込みの前に、PCからのメール(delightofsheila@gmail.com)が受信できるように設定をご確認ください。新しいカーサのプロトコル等、しばしばとても大事な情報を一斉送信しますので、よろしくお願いいたします(特に「@ezweb.ne.jp」のメールアドレスの方はよろしくお願いします)。 

お支払方法

 

当法人ゆうちょ銀行口座へのお振込みを推奨いたします。

または、当法人クリスタルショップCASA BLESSING STONESのページよりお支払いが可能です。

ハーブを処方してもらう方法 (4,000円

セッション時に写真を提出するのみで、ハーブを処方してもらわない方法 (3,500円

ペット、または動物についてお申し込みの方 (3,500円​)

※それぞれ金額をクリックすると該当ページへリンクします。

また、以前は毎月申し込むのが面倒という方のために、一度のお申込みで連続する3回の写真提出をしていただくサービスを設けておりましたが、今回より廃止といたします。

写真の要件について

 

◆3ヶ月以内に撮影されたもの (3か月分をお申込みの方はお申込み直前の最新のものをご用意ください。)

◆なるべく全身の写っている、鮮明で少し大きめのもの(カラー撮影)をご用意ください。白い服である必要はありませんが、服、背景ともにうるさくない程度にお願いします。

今回(1月期)のお申込み締め切りと今後の予定について

 

カーザより公式に「エンチダージから処方されるハーブはエンチダージが『止めて良い』と言うまで飲み続けることが望ましい」ということを聞いており、ハーブの途切れない日程にて今後とも継続していく予定です。(ただ、このことは皆様になにかを強制するものでは無いことを申し添えておきます。 )

 

以前は一度に処方されるハーブの内容量が2か月分だったため、2か月に一度の募集とさせていただいておりましたが、

この度2017年6月に重要なプロトコルの変更があり一日に2度の服用となったうえ、

一度に処方されるハーブの内容量は約175カプセルから約80カプセル(約40日分)に変更になっております。

これに伴い、今後は毎月募集させていただきます。

今回は2020年1月9日(木)締め切りです。

 ※ハーブなしをお申込みでお送りするものが祝福された水のみの場合、お申込みの都度お送りさせていただきます。

その他重要事項

●セッション時にエンチダージが写真にチェック(×〔ばってん〕等)をした場合、それは「写真の当人がカーザに直接来なければならない」ということです。めったにないことですが、その際はご相談させていただきます。

●このサービスはご当人が全体性を取り戻すためのスピリチュアルプロセスのサポートです。具体的な「効果」を保証するものではありません。

●処方されるハーブは成分はパッションフルーツの果皮(外側の固い部分)を乾燥させて粉末にしたものです。税関の分類では食品に該当します。 

●しばしば最新情報や体験談、わかりやすい解説などを今和泉のブログで発表させていただいています。どうぞご覧ください。↓

いまいずみのポカポカブログ・写真提出サービス

お問い合わせ

 

申し込みをされる前に、ご相談あるいはご不明な点、気がかりなことがございましたならば、「delightofsheila★gmail.com」(★を@マークに変更してください)もしくは下記ご連絡先にお願いいたします。 

(例:幼児でハーブが飲めない/アレルギーがある等) 

 

03-6383-3695(代表)

 

または、090-1371-8188(森キュアらぼ 携帯)

  ※ AM9:00~PM9:00 セッション中は出られませんが、折り返しお電話差し上げます。

DE-LIGHT_logo3_gold.png