​CASA(カーザ)について

​概要

『CASA』は南米ブラジル連邦共和国ゴイアス州アバジャーニア村にあるヒーリングセンターで、1979年に設立されました。『CASA』の正式な名称は『Casa de Dom Inacio』といい、キリスト教の聖人『聖イグナシオ』(Ignace de Loyola)の名前から付けられています。『Casa』はポルトガル語で「家」という意味で、現地ではこの通称が広く使われています。英語を話す人々は『The Casa』と呼んでいます。 おおざっぱなイメージとしては「キリスト教の教会」と「僻地の診療所」を併せたような感じでしょうか。建物に塗られた基調色は「露草色に近い青」と「白」の二色によるコントラストで統一され、そこに気候のせいもあってブラジルらしい大らかさが加わったような、堅苦しさのない、過ごしやすい雰囲気の場所です。

 設立者はJoão Teixeira da Faria(ジョアン・テイシェイラ・ダ・ファリア)で、通称『ジョン・オブ・ゴッド』(John of God)と呼ばれています(ポルトガル語ではJoão de Deus)。
 彼は現存する最もパワフルなヒーラーの一人で世界的に有名です。彼抜きで『
CASA』を語ることはできません。CASA運営の基礎となっているのはひとえに彼の『霊媒』としての能力です。彼は『エンチダージ(Entidade)』と呼ばれる進化した霊的存在に自分の肉体を貸し、治療を行います。つまり、治療の主体は『エンチダージ』です。「Entidade」という英単語自体は「実在」と訳されますが意味としては『聖霊』という日本語の言葉が当てはまるように思います。

『聖霊』は彼の肉体を通じて、癒やしを求めてやってくる全ての人々に対応します。ジョン・オブ・ゴッドの受け入れる聖霊は30体以上にのぼります。彼らは過去において医師、神学者、セラピスト、あるいは著名な人たち等でした。

 ジョン・オブ・ゴッドは自分の人生を霊媒の能力に捧げました。彼はエンチダージに肉体を貸している間、自分自身の意識は無い状態なので、エンチダージが診療を終えたとき、その間自分が何をしていたのかを憶えていません。エンチダージは彼の肉体を借りている間に人々を診察し、その人の望みを理解し、様々なヒーリング方法によって人々が自分自身で治っていく過程を助けます。エンチダージは癒やしの列に並ぶ全ての人を受け入れ、その列がどんなに長くても、診察を夜まで続けなくてはならなくとも誰も追い返したりはしません。一番多くの人が並んだときは一日三千人でした。

いま病の状態にある方へ

 CASAカーサにおけるヒーリングとは一回限りの瞬時に起こる治癒ではなく、それは一連のプロセスというべきものです。それぞれの人々にはそれぞれの生い立ち、環境、抱えているものがあり、それらの条件のもとで必要な学びがあります。それ故、人が治っていく過程というのはそれぞれがとても独特であると言えます。

 エンチダージは単に対処的にいま現れている症状を解決するよりも病気になった実際の原因を解決をすることを助けてくれることがあります。ある人々にとってはこちらがむしろ早くて劇的なプロセスである場合もあります。他方ほとんどの人は癒やしの過程がこの地を去ってから時間を掛けてすすみます。また、ある人々はさらに何回かここに来ることが必要であると告げられます。

「自分の治癒のプロセスと観察される効果・進化」を他の人々のそれと比べないことが重要です。そして最も重要なことは完全に能動的に自分の癒やしの過程に参加することです。その過程とは、カーサに行く前、滞在中、そして帰ってきた後も自分の全体性を取り戻すために自分自身が何を手放し、誰を許し、何を変えるべきなのかを見詰め続けることです。

 エンチダージは彼らのできる最善を我々に施してくれますが、彼らはまた我々が自分のやるべきことをやることを期待しています。彼らは魔法使いではなく、この世を去ってから別次元で進化を遂げ、その次元における高度の医療技術や霊的観点からの真理に基づいて治療を行う存在です。それは深甚なスピリチュアルプロセスのサポートです。もちろん、エンチダージの加護のもと、人々が『奇跡』と呼ぶであろうようなことがたくさんあることも事実です。しかしそれでもプロセスは人それぞれなのです。

 それ故、カーサを訪れるのに際して最も良いアプローチは『奇跡』や『すぐに治ること』に対してはオープンになると同時に自分自身のプロセスについては忍耐強く全面的に参加し、『愛』のヒーリングパワーを信じることです。そして『愛』は実際に存在する最もパワフルな薬であり、カーサのワークの中に浸透しているものです。

ヒーリング能力の進化を希む方へ

 カーサには病を抱えている方と同様にヒーリング能力の更なる進化を希む方もたくさん集まってきます。医療関係者、セラピスト、代替医療やエネルギーワークの従事者等他の人を癒やす職業の方です。何ヶ月あるいは何年といった長い滞在になる方もいます。彼らが家に戻ったときにはほとんどの方が以前より優れたヒーリングプラクティショナーになっています。

 カーサで時を過ごすことによる最大のスピリチュアルな効果は「無条件の愛に対して心が開いていくこと」だと思います。これがヒーリングと言われるものの真のエッセンスであり、カーサに来た人たちは自分たちがいかに「愛」との関わりが少なかったか、自分自身を愛し、受け入れることいかに少なかったかに気づき始めることと思います。エンチダージと一緒にワークを始めると自然に自分や他人を許すという作業に取り組み始めることになります。そして他人を許すことと自分を許すことは同じことであるということにも気づくと思います。

 そして自分や他人に対する「無条件の愛」を感じ始めると、しばしば物理的な現実ではない事柄に触れたり、気づきを深めたりします。具体的には「スピリチュアルなビジョンを見る」、「エネルギーを感じる」、ときには「他界した人とコミュニケーションをする」というようなことです。

 カーサのエンチダージは他人を助けることをする人々に深い敬意を払いサポートします。彼らは多くの医師やヒーリングプラクティショナーに「私たちはあなたがクライアントにもっとエネルギーを伝えられるように援助します」と言います。

 カーサで得られる経験の全てはそこに参加した個々人、それぞれのために別々に用意された多面的でスピリチュアルな旅です。

スピリチュアルな成長を希む方へ

 あなたがカーサに行くことを決意するまでにあなたはたくさんの経験を積まれてきていることと思います。そしてそういった経験が指し示しているは「いま、自分はカーサに行かねばならない」というスピリットからの強い衝動だと思います。

 日本人に限らず、私たちは多くのものにラベルを貼ることを日常的に行ってきました。例えばうさんくさいものの代名詞のように使われる『いたこ』、『口寄せ』という言葉があります。真実とそうでないことが一緒くたにされ、そこに利害のエゴや様々な「恐れ」が混じって卑小な概念化がなされた言葉です。いまでは人をおとしめるための、そして一部の人々の信念体系を強化するお手軽なレッテルに成り果ててしまっている単語です。

 いつの時代にも自分の知っていることが全てである、現在の科学の手法で有効性が実証されないものは受け入れられない、とする人々は多いと思います。ジョン・オブ・ゴッドの苦難もそこから始まっています。ときの権力者、医療関係者、宗教関係者などからの迫害や妨害は数えきれません。ジョン・オブ・ゴッドが日本にいたならば我々は同じように上記の単語を当てはめたことでしょう。

 しかしながらジョン・オブ・ゴッドはエゴの概念化にからめ取らそうになるたびに、信念体系の文脈へ落とし込まれそうになるたびに「奇跡という現実」でそれらを払いのけてきました。「質量保存の法則」を何度説かれるよりも、「癌患者の臨床統計」を何度説明されるよりも、人は「車いすから元気に立ち上がる人」や「光が見えるという、ついさっきの盲人」といった目の前で起こる真実に圧倒されるからです。

 カーサで「何か」を見たならばたやすくラベルを貼らないで欲しいと思っています。それが一見、自分の中ではすでにカテゴライズされたスピリチュアルな事象であってさえもです。あなたがなにかに促されてここに来たのであれば、それはこれまで学んだことをさらに深化させるためです。スピリチュアルな権威であろうとするエゴを強化するようなことやスピリチュアルな野心を裏付け、促すようなことは起こりません。

 ここは覚醒を約束してくれる場所ではありません。高次の意識へのショートカットでもありません。いま現在あなたの抱えている問題が明確になり、目の前に現れてくる場所です。それはアセンションへの上昇螺旋を登り続ける上で欠くことのできない「安定性と明晰さ」を確実なものにしていく場所とも言えます。

 うれしいことにエンチダージはそうした我々にちょっとした、あるいは壮大な奇跡を用意してくれています。そして、アバジャーニアの霧の掛かる美しい山並みが見渡せる展望台に行ったならば、少しだけ「人としてのJoãoの受難」にも思いを馳せてください。